民主教育研究所について民主教育研究所について民主教育研究所設立趣意書民主教育研究所設立趣意書賛助会員規定・加入のお願い賛助会員規定・加入のお願い 交通アクセス交通アクセス お問い合わせお問い合わせ サイトマップサイトマップ  
民主教育研究所トップページへ 民主教育研究所
 
民主教育研究所トップページへ
民研の活動
公開研究会・フォーラム
評議会
運営委員会
研究委員会
研究活動方針
民研30周年インタビュー
民研の窓/教育時評
声明 決議
民研の刊行物
『人間と教育』
『研究所年報』
『研究所だより』
民研の出版物
本の紹介
ニュース・話題
民主教育研究所
民主教育研究所について
民主教育研究所設立趣意書
賛助会員規定・加入のお願い
交通アクセス
リンク
サイトマップ
個人情報保護方針
お問い合わせ
賛助会員募集
加入のお願い
賛助会員募集NETお申込み
賛助会員募集FAXお申込み
賛助会員のお誘い
刊行物・書籍・パンフレットご注文
刊行物購入NETお申込み
刊行物購入FAXお申込み
 
民主教育研究所
民主教育研究所交通アクセス
 
ブックストア個性屋
 
季刊『人間と教育』
 
ホーム>『人間と教育』一覧>『人間と教育』詳細
『人間と教育』詳細
『人間と教育』 【年4回発行】113号 2022年3月10日発行
    掲載日:2022/3/10
サムネイル ▼2022年3月10日発売
 A5版144ページ 1310円(税込)
▽編集:民主教育研究所 発行:旬報社
▽年4回発行(3月・6月・9月・12月)各10日
▽定期購読の申込は、書店または民主教育研究所へ
教室から● 性教育は楽しい! 大江未知
インタビュー ●中島京子さんに聞く   
いつも心と生活にユーモアを――—読むこと、書くこと、生きること   聞き手 菅間正道
特集 コロナ禍の子ども・学校と新たな公教育の探求                          
沖縄から次の戦争を止める
――第30回全国教育研究交流集会記念講演(2021年12月25日) 三上智恵
惨事便乗型教育改変と公教育のゆくえ  児美川孝一郎
「子どもへの無関心」の戦後政治史に抗して                     
 ――戦争孤児への対応の出発点と性教育バッシングの体験を通して  浅井春夫
高校は時代の光となれるのか――「学校的価値観」からの脱却をめざして  本多由有子
地域に根ざした子どもの総合的支援をめざして  間瀬田結実
デジタル化と、人間と教育の未来  中嶋哲彦
さいたま市の「パフォーマンス型」教育の実態  三嶋さとえ
「働き方改革」における司法の役割――埼玉教員超勤訴訟の意義と課題  若生直樹
民研三〇年、そしてこれから  梅原利夫
論稿●若い世代の政治意識と私たちの課題――政治と生活の再接続         渡辺雅之
エッセイ●違和感を覚えた三つの言葉 『対案を出せ』『分断』『人権系?』  藤田和恵
政治風刺を描いています● 差別はたいてい悪意のない人がする    ぼうごなつこ
シリーズ
海外の道徳教育Аブラジルの道徳・シチズンシップ教育における市民像の変遷  山口アンナ真美
震災と教育㉛●福島の甲状腺検査を巡る過剰診断論、検査縮小の動き   木村真三
文化と教育㉙●音楽の中で見つけるその瞬間  高松聡美
地域と子ども・若者● 次世代を担う子どもたちに今できることは何か ――「ポトスの部屋」の一〇年をふりかえって  山田ちづ子
いま教室で㊱●卒業が危うい生徒の支援――続々・進路多様校という現場を生き抜く  相田 真
地域教育研究所より㉟●鹿児島子ども研究センター  多様な教育実践をつなぐ場に  内山仁 
書評●山田朗・師井勇一(編)『平和創造学への道案内 歴史と現場から未来を拓く』  渡部典弘
書評●浦野東洋一・勝野正章・中田康彦・宮下与兵衛(編) 
『校則、授業を変える生徒たち 開かれた学校づくりの実践と研究』  藤田毅
書評●9条地球憲章の会(編)
 『地球平和憲章 日本発モデル案―地球時代の視点から9条理念の発展を―』  梅原利夫
バックナンバー・総目次  101号〜106号 

1113号宣伝チラシ>>>PDFはこちら
刊行物・書籍・パンフレットお申し込み
>>>NETでお申込み
>>>FAXでお申込み

目次 表紙裏
写真1 写真2
特集の扉 インタビュー 中島京子さん
写真3 写真4
風刺漫画を描いています
写真5 写真6


ページを移動 》 | 1| 23456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445464748
ページトップへ 
Copyright © 2014 民主教育研究所  All Rights Reserved. 個人情報保護方針