民主教育研究所について民主教育研究所について民主教育研究所設立趣意書民主教育研究所設立趣意書賛助会員規定・加入のお願い賛助会員規定・加入のお願い 交通アクセス交通アクセス お問い合わせお問い合わせ サイトマップサイトマップ  
民主教育研究所トップページへ 民主教育研究所
 
民主教育研究所トップページへ
民研の活動
公開研究会・フォーラム
評議会
運営委員会
研究委員会
民研の窓/教育時評
声明 決議
民研の刊行物
『人間と教育』
『研究所年報』
『研究所だより』
民研の出版物
本の紹介
ニュース・話題
民主教育研究所
民主教育研究所について
民主教育研究所設立趣意書
賛助会員規定・加入のお願い
交通アクセス
リンク
サイトマップ
個人情報保護方針
お問い合わせ
賛助会員募集
加入のお願い
賛助会員募集NETお申込み
賛助会員募集FAXお申込み
刊行物・書籍・パンフレットご注文
刊行物購入NETお申込み
刊行物購入FAXお申込み
 
民主教育研究所
民主教育研究所交通アクセス
 
ブックストア個性屋
 
季刊『人間と教育』
 
ホーム>声明 決議 一覧>声明 決議 詳細
声明 決議 詳細
声明 決議  【声明】「戦争法案」の強行採決に抗議し、廃案を求める
    掲載日:2015/7/21
政府・与党は本日、衆議院において「戦争法案」の採決を強行した。
民主教育研究所は、6月14日の「声明」にもとづき、この暴挙に強く抗議する。
法案は審議をすればする程、その欠陥が露わになってきた。
6月4日の衆院憲法審査会において与党推薦を含む参考人全員が、この法案を憲法違反と断じたことから、一挙に違憲の世論が広まった。
いち早く日本弁護士連合会のすべての組織が反対声明を出したのをはじめ、憲法学研究者の圧倒的多数による声明、1万人を超える学者研究者の声明が発表され、これらに呼応して多数の専門団体や無数の市民が全国各地で反対の行動に立ち上がった。

また全国で292(7月16 日現在)の地方議会が廃案または慎重審議を求める意見書を出した。
どの世論調査も、法案に反対が5〜6割、今国会での採決に反対が6割以上に達し、安倍政権の支持・不支持率が逆転し始めるなど、世論の動向も大きく変化してきた。
さらに若者自身が、多様で独創的な声を急速に挙げてきたのも、運動に勇気と希望をもたらした。

このような声に追い詰められた末での強行採決であった。これは、安倍政権の強さの表れではなく、弱さを露呈したものである。なぜなら、法案審議で明らかとなった、違憲立法、立憲主義の否定、国民主権の冒涜は、いずれも憲法に反し、立法の根拠を崩すものだからである。
私たちは、「戦争法案」の強行採決に抗議し、廃案まで奮闘することを表明する。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


ページを移動 》 | 1234| 5| 67
ページトップへ 
Copyright © 2014 民主教育研究所  All Rights Reserved. 個人情報保護方針