民主教育研究所について民主教育研究所について民主教育研究所設立趣意書民主教育研究所設立趣意書賛助会員規定・加入のお願い賛助会員規定・加入のお願い 交通アクセス交通アクセス お問い合わせお問い合わせ サイトマップサイトマップ  
民主教育研究所トップページへ 民主教育研究所
 
民主教育研究所トップページへ
民研の活動
公開研究会・フォーラム
評議会
運営委員会
研究委員会
民研の窓/教育時評
声明 決議
民研の刊行物
『人間と教育』
『研究所年報』
『研究所だより』
民研の出版物
本の紹介
ニュース・話題
民主教育研究所
民主教育研究所について
民主教育研究所設立趣意書
賛助会員規定・加入のお願い
交通アクセス
リンク
サイトマップ
個人情報保護方針
お問い合わせ
賛助会員募集
加入のお願い
賛助会員募集NETお申込み
賛助会員募集FAXお申込み
刊行物・書籍・パンフレットご注文
刊行物購入NETお申込み
刊行物購入FAXお申込み
 
民主教育研究所
民主教育研究所交通アクセス
 
ブックストア個性屋
 
季刊『人間と教育』
 
ホーム>ニュース・話題
ニュース・話題
ニュース・話題 【研究委員会報告】第1回子ども研究委員会報告
    掲載日:2018/4/23
サムネイル 第1回子ども研究委員会報告
開催日時:2018年4月14日
研究テーマ:1.家裁調査官の現状
      2.研究委員会の今年度計画
第1回子ども研究委員会報告
第1回子ども研究委員会報告
開催日時:2018年4月14日
研究テーマ:1.家裁調査官の現状
      2.研究委員会の今年度計画
1.”「社会権としての生存権」を確立・確保するために考える見取り図”や、
「付添人調整活動」「要保護性と調査視点」「子どもが心を開くとき」に関する諸資料に基づく報告と検討
2.今年度活動計画について少々の検討を行い、引き続き当日欠席の委員の参加も得て検討を行うこととした。

2018年6月2日を候補日として調整
報告者:子ども支援に関わる弁護士に依頼予定

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】公開「教育課程」研究委員会
    掲載日:2018/2/16
サムネイル 公開「教育課程」研究委員会
新学習指導要領の総合的検討
梅原利夫先生 和光大学ご定年記念
公開「教育課程」研究委員会
新学習指導要領の総合的検討
梅原利夫先生 和光大学ご定年記念

幼小中の学習指導要領が改訂され、間もなく高校の改訂案も出されます。この機会に、新しい学習指導要領について、いくつかの角度から総合的に検討することにいたしました。
総括的なキーワード、教科等の各論、今次改訂の歴史的な意味、予想される学校現場の困難、私たちの実践の課題などが論点になるでしょう。
ご興味のある方どなたでも、ご参加を期待しています。質疑・論議をたっぷりおこなう予定です。

下記の著書を共通の素材にいたします。事前にお読みいただけますと理解の一助になります。
梅原利夫『新学習指導要領を主体的につかむ』新日本出版社、2018年2月



・2018年3月10日(土)10時〜12時半

・エデュカス東京(全国教育文化会館) 3階会議室

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第12回教育行財政研究委員会報告
    掲載日:2018/2/15
サムネイル 第12回教育行財政研究委員会報告
開催日時:2月 5日 18:30〜21:00
研究テーマ:H30文科省予算について
第12回教育行財政研究委員会報告
開催日時:2月 5日 18:30〜21:00
研究テーマ:H30文科省予算について
・H30文科省予算におけるコミュニティ・スクール、地域と学校の連携・協働の取り扱いについて
・H30総務省予算における公共施設等適正管理の取り扱いについて
・人生 100 年時代構想会議について
・阿智村・飯田市の財政状況について

次回の日程:3月12日18時30分〜

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【ニュース】新年のご挨拶
    掲載日:2018/1/1
サムネイル 新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。

民主教育研究所の呼びかけによる学習会「どうする?子どもと教育」は昨年までに4回開催しました。学習会には全国からの参加があり、今年5回目
3月10日(土)に高校新学習指導要領問題、6回目も5月26日(土)に企画しております。
好評の季刊『人間と教育』は今年記念すべき100号になります。昨年発行しました94号は「暴力・分断の教育から安心・連帯の教育へ」、95号は「子どもの貧困−子ども・若者支援とその課題」、最新号96号は「これからの「学力」を語り合おう」、そして今年3月発行の97号の特集1は「学校が危ない」、特集2は「グローバル新自由主義のもとにおける教育と教員」です。ご期待ください。
昨年末12月23日・24日に開催しました第26回全国教育研究集会には全国から多くの父母・市民・教育関係者・学生・院生の参加があり「教育再生」への対抗軸を熱く語り合いました。9条改憲、管理統制教育に反対し、子どもの権利条約を守り生かす研究と実践交流に民主教育研究所はみなさんと共同し奮闘します。皆様のご多幸を祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。           民主教育研究所 2018年1月1日

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【『年報2017(18 号)』論文投稿】民研『年報2017(18 号)』論文の投稿をよびかけます
    掲載日:2017/12/10
サムネイル 民研『年報2017(18 号)』論文の投稿をよびかけます
◆ 「民主教育研究所年報投稿規程」による
◆ 「民主教育研究所年報投稿・執筆要領」による
民研『年報2017(18 号)』論文の投稿をよびかけます
◆「民主教育研究所年報投稿規程」による
◆「民主教育研究所年報投稿・執筆要領」による
◆ 民主教育研究所年報投稿規程
―螳、研究委員、運営委員、評議員、顧問の紹介を得て下さい。
投稿原稿は未発表のものに限ります。
8狭討録淺宗注を含め、横書き20,000字以内です。
じ狭討凌該困慮正を期する為、原稿には氏名、所属を記入せず、別紙でお願いします。
ヅ蟾討猟鷭亟限は3月10日です。
δ鷭仞茲蓮¬閏膓軌藐Φ羹蠻報編集委員会とし、封筒には「年報原稿在中」と明記してください。
投稿の詳細な規程は執筆要領に定めます。

◆ 民主教育研究所年報投稿・執筆要領

1999年10月16日 第 4期 第12回運営委員会にて決定
1999年12月 5日 第 4期 第15回運営委員会にて改正
2014年 5月17日 第11期 第15回運営委員会にて改正

1 民主教育研究所年報への投稿は、民主教育研究所年報編集規程及び同投稿規程に定めるところに従い、下記の要領で投稿する。
2 投稿にあたっては、原則として、投稿原稿1部及び電子情報化し  た原稿を提出する。原稿は返却しない。
3 投稿原稿の本文には、氏名・所属は書入れない。別紙に題目、氏名、所属及び連絡先を記す。
4  投稿原稿の電子情報化にあたっては、次の要領で行なう。
  * 句読点は、それぞれ全角の「、」及び「。」として変換する。
  * 括弧は、全角に変換する。
  * ローマ数字は、半角に変換する。
  * アルファベット及び英字記号は、半角に変換する。
5 投稿原稿に図表が有る場合には、電子情報化された原稿の提出にあたっては、次の要領で行なう。
* 図表を別ファイルとして記録する。
6  電子情報化された原稿の作成についての技術上の相談は、投稿前に編集委員会へ問い合せる。
7  執筆者による校正は再校までとし、大幅な修正は認めない。
8  注及び引用文献の表記は次の方法による。
* 注及び引用文献は、本文中の該当箇所に()付の番号を表記し、注記本文を論文末に一括掲示する。
* 文献の引用は次の表記に従う。
* 和文論文の場合:注番号 著者名 論文名(「」で括る)雑誌又は収録書名(『』で括る。収録書に編者等がいる場合には、『』の前に入れてもよい。雑誌で巻・号数がある場合又は発行所を入れる必要がある場合には、『』の後に続ける。)、発行年、頁。
【例】(1)堀尾輝久「地球時代の人権思想」『季刊 人間と教育』第1号、1994年、174頁
  ○欧文論文の場合:注番号著者名,論文名(""で括る),雑誌又は収録書名(雑誌で巻・号数がある場合にはこれに続ける),発行年,頁.
【例】(1)Kenneth D. Benne, "Authority in Education", Harvard Educational Review, Vol.40, No.3, 1970,p.127
  ○ 和文単行本の場合:注番号 著(編)者 書名(「」で括る) 発行所、出版年、頁。
【例】(1)堀尾輝久・河内徳子編『平和・人権・環境 教育国際資料集』青木書店、1998年、311〜313頁。
  ○ 欧文単行本の場合:注番号 著(編)者,書名,発行地,出版年,頁
【例】 (1)Anthony Giddens, New Rules of Sociological Method, New York: Basic Books, 1977,pp.12-13
  ○投稿原稿の本文中の注番号の部分については、見落とし及びテキスト変換時の脱落を防止するために赤色で丸く囲む。
9 本文中の和文傍点及び英文イタリック体を使用したい場合の指示は、該当個所に赤色で下線を引く。
10 本文中の図表番号の部分については、見落とし及びテキストデータ変換時の脱落を防止するために赤色で丸く囲む。

  ○印刷の都合で最終的に表記の方法が、上記凡例と異なることがある。
  ○その他、投稿及び執筆に関する疑問は、投稿前に編集委員会に問い合せを行なうこと。

◆年報2017(18号)編集委員会
年報編集委員長 安藤聡彦(「環境と地域」教育研究委員長)
年報編集幹事 丹野春香(「環境と地域」教育研究委員)
年報編集幹事 鈴木敏則(事務局長)

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第11回子ども研究委員会報告
    掲載日:2017/11/30
サムネイル 第11回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年11月23日16時30分〜18時40分
研究テーマ:子どもの表現活動
第11回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年11月23日16時30分〜18時40分
研究テーマ:子どもの表現活動
1 民研研究集会に向けて
2 子どもの表現活動に関する民間支援のかたち〜デジタルストリーテリング、アプライドラマの試み〜

次回開催:2018年2月4日または11日

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第11回教育行財政研究委員会報告
    掲載日:2017/11/27
サムネイル 第11回教育行財政研究委員会報告
開催日時:11月 20日 18:30〜21:00
研究テーマ:飯田市・阿智村調査の振り返り
第11回教育行財政研究委員会報告
開催日時:11月 20日 18:30〜21:00
研究テーマ:飯田市・阿智村調査の振り返り
主な内容
・飯田市・阿智村のコミュニティスクール導入状況について
・飯田市社会教育の学校との関わりについて
・来年度の研究方針について

次回日程2月5日18時30分

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【本の紹介】11月の寄贈本の紹介
    掲載日:2017/11/15
サムネイル 11月の寄贈本から4冊紹介
11月の寄贈本から4冊紹介
【タイトル】小学校理科新学習指導要領
【著者】小佐野正樹 佐々木仁 高橋洋 長江真也
2017年8月15日発行
本の泉社
定価本体1,700円+税
第1章「新学習指導要領で小学校理科は何が変わるか」では、今回の改定内容を概観し、どんな問題があるか述べた、第2章「各学年の内容は何が変わるか どうするか」は3年から6年までの個々の内容を検討しどんな問題があるか、合わせてそれぞれの内容で大切にしたいことを述べた。・・(略)・・そこでの問題点は何か、それに対して私たちはどう考えて授業をつくったらよいかを具体的に考えることが大切と考え、このような内容にした。各学年の終わりに「学習展開プラン」の例を載せたのも、私たちの考える授業の具体的なイメージを伝えたいという思いからである。第3章「教科目標『指導計画の作成と内容の取扱い』について」は、新学習指導要領の最初に書かれている理科の教科目標と最後の「指導計画の作成と内容の取扱い」を分析したものである。第4章は資料として「小学校理科・現行学習指導要領と新学習指導要領との比較」と「小学校理科の新学習指導要領と私たちの教育課程試案の対照表を載せた。(はじめにより)

【タイトル】半径5メートルからの教育社会学
【編者】片山悠樹・内田良・吉田和久・牧野智和
2,017年9月15日発行
大月書店
定価本体2,200円+税
第吃堯崑膤慇犬砲覆襦廚海箸鮗匆颪隆囘世ら考える
第1章 学力の獲得は平等なのか?
第2章 高等教育への進学とジェンダー
第3章 高学歴社会における教育機会と費用負担
第局堯岾惺擦膨未Α廚海箸賄たり前か?
第4章 学校に「行っていない」子どもたち
第5章 貧困世帯の子どもたち
第6章 学校の外で学ぶ子どもたち
第敬堯ゞ軌蕕里覆の「正しさ」を疑う
第7章 「英語は全員が学ぶもの」という自明性を疑う
第8章 部活動は学校において合理的な活動か?
第9章 子どもの安心・安全を脅かす「教育」
第孤堯ー禺圓鬚箸蠅泙「空気」を読み解く
第10章 教育から職業への移行と就職活動
第11章 「いじめ」問題がつくる視覚と死角
第12章 少年犯罪についての認識とメディア

【タイトル】地域を生きる子どもと教師
【著者】中野譲
2,017年8月20日発行
高文研
定価本体1,900円+税
1部 学びの扉をひらく
1.子どもさんかが私の実践を変える
2部 子どもの夢をのせた学びの始まり
1.われら2の1やさい探偵団
2.子どもたちってどんな学びを求めているの
3部 地域、川と語り合い続ける子どもたち
1.川の学び(1)―川との語り合い
2.川の学び(1)―10年後の卒業生の言葉
4部 失われた関係と学びを取り戻す
1.緊張した女子の関係をひらく対話
2.川の学び(2)―飛ばない鳥たち
5部 荒れ地を耕し、種をまく
1.荒くれどもと学びを創る
2.あたり前の生活をつくる

【タイトル】映画で見なおす同時代史
【著者】梅野正信
2017年8月25日発行
静岡学術出版
定価本体700円+税
一 戦争と人間(日本)
二 カティンの森(ポーランド)
三 黄色い星の子供館(フランス)
四 愛と悲しみのボレロ(フランス)
五 白バラの祈り ゾフィー・ショル。最後の日々(ドイツ)
六 ひめゆりの塔(日本)
七 悲情城市(台湾)
八 ブラザーフッド(韓国)
九 おじいさんと草原の小学校(ケニア)
一〇 君の涙ドナウに流れ(ハンガリー)
一一 夕凪の街 桜の国(日本)
一二 さらば、わが愛 覇王別姫(中国)
一三 ブラディ・サンデー(北アイルランド)
一四 光州5・18(韓国)
一五 ホテル・ルワンダ(ルワンダ

11月の寄贈本4冊から>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第14回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/10/20
サムネイル 第14回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:10月13日18時〜
研究テーマ:民研年報収録予定論稿の検討 他
第14回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:10月13日18時〜
研究テーマ:民研年報収録予定論稿の検討 他
1) 古里委員、三谷委員、川尻委員 からの報告

2) 今後のスケジュール

 ※ 次回例会:11月17日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第13回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/9/29
サムネイル 第13回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:9月22日18時〜
研究テーマ:民研年報収録予定論稿の検討 他
第13回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:9月22日18時〜
研究テーマ:民研年報収録予定論稿の検討 他
1) 安藤委員から序章についての報告


2) 年報の構成と作業スケジュールの確定

3)「斎藤作治先生を偲ぶ会」について


4)今後のスケジュールについて


 ※ 次回例会:10月13日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第10回子ども研究委員会報告
    掲載日:2017/9/23
サムネイル 第10回子ども研究委員会報告
開催日時:9月16日10時〜12時
開催テーマ:幼稚園の現場から
第10回子ども研究委員会報告
開催日時:9月16日10時〜12時
開催テーマ:幼稚園の現場から
1 子どもたちと親たちは今 幼稚園の現場から
2 高校生生活体験発表作文の取り組み

次回開催:11月23日16時30分〜

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【運営委員会】第13期第9回運営委員会
    掲載日:2017/9/11
サムネイル 第13期第9回運営委員会
開催日 2017年9月9日
時間 10:00〜12:20
第13期第9回運営委員会
開催日 2017年9月9日
時間 10:00〜12:20
報告
機‖8回運営委員会以降の活動日誌
供‖8回運営委員会まとめ
掘仝槎箍
検ゞ軌蕕里弔匹
 かながわ民主教育文化研究センター準備会
此ヾ行物
察2017年度 教育の状況と民研の課題 
次,修梁

議題
1 第26回全国教育研究交流集会場所・日程案・構想案
2 第27回全国教育研究交流集会開催地について
3 民研フォーラム
4 『人間と教育』編集について
5 人事について
6 教育のつどい総括
7 その他

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【寄贈本の紹介】7・8月の寄贈本から紹介
    掲載日:2017/8/25
サムネイル 7・8月の寄贈本から紹介
7・8月の寄贈本から紹介
【タイトル】ヒロのちつじょ
【著者】佐藤美紗代
2017年6月30日発行
太郎次郎社エディタス
定価本体1,400円+税
彼には、ちょっと変わった癖やこだわりがある。
そこには彼の世界がつまっている。
その無数のこだわりのなかに、ヒロの「秩序」があるのだ。
ダウン症の兄・ヒロの日常を大学生の妹が淡々と描きだす。
距離をつめない愛がこぼれる観察的イラストエッセイ。
返事があるまで「おはよ」を連呼。
夏でも毛布と冬布団で眠る。
カレーはルーから平らげる。
体をゆらゆらさせるのが好き。
鏡を見るのが大きらい。
Tシャツの裾はパンツにイン。
車中では変顔しつづける。
おやすみのまえはかならずハイタッチ・

【タイトル】興隆の旅
【著者】中国・山地の人々と交流する会
2,017年7月3日発行
花伝社
定価本体1,600円+税
機〇宛の現実に衝撃を受けた 第1回の旅
供仝渡靴遼棆擦暴于颪辰拭‖2回の旅
掘〔疑誘茲把餽海靴真諭垢暴于颪辰拭‖3回の旅
検〇劼匹發生きられない時代を知った度
  (1)抗日戦争最前線を訪ねて 第4回の旅 第5回の旅
  (2)長城南の無人区の惨劇
  (3)中国の要人に会う(黄華/陳平/季運昌)
后/爾泙詬解 広がる交流
  (1)日中戦争の諸相を知った 第6回の旅
  (2)空白を埋めた 第7回の旅
此…めくくりと新しい交流の模索 第8回〜第11回の旅

【タイトル】教育の良心を生きた教師―三島孚滋雄の軌跡
【著者】田中武雄・春日辰夫
2,017年7月18日発行
本の泉社
定価本体1,500円+税
1、幼少期を寺で育つ
2、社会主義思想に傾倒する青年時代
3、教師として東北に旅立ち、さらに北海道にわたる
4、三島孚滋雄の戦後、名寄中・高校長時台
5、深川高校長時台の三島孚滋雄
6、宮城県白石中学校への転任
7、全校で映画「ひろしま」を鑑賞
8、実務学校の特設と能力別学級
9、焼けた学校
10、「河童通信」の発行
11、三島と平和運動
12、高校「教諭」としての転出
13、高校「漢文教師」として出発する
14、退職後の三島孚滋雄


【タイトル】外国人労働者をどう受け入れるか
【著者】NHK取材班
2017年8月10日発行
NHK出版
定価本体780円+税
第一章 最下層労働者たちの実態
1 「使い捨て」の実態
2 人権を無視した「奴隷制度」
3 国際社会からの糾弾
第二章 外国人受け入れの建前と矛盾
1 技能実習制度の矛盾
2 変貌する「外国人労働」の現場
3 アジア人材争奪戦における日本
4 人手不足を補う実習生
第三章 「共生」社会を目指して
 1 見直される外国人受け入れの指針
 2 新しい“格差”―多重格差社会
 3 外国人と「共に暮らす」社会へ

8月の寄贈本4冊から>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第12回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/7/20
サムネイル 第12回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:7月18日18時〜
研究テーマ:国民教育研究所環境と教育研究会編『地域開発と教育の理論』(大明堂、1985年)の検討 他
第12回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:7月18日18時〜
研究テーマ:国民教育研究所環境と教育研究会編『地域開発と教育の理論』(大明堂、1985年)の検討 他
1) 中内敏夫「住民運動と学校の教育課程」の検討

2) 藤岡貞彦「地域課題学習の教育的意義」の検討

3)今後のスケジュール


 ※ 次回例会:9月22日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【運営委員会】第13期第8回運営委員会
    掲載日:2017/7/10
サムネイル 第13期第8回運営委員会
開催日 2017年7月8日
時間 10:00〜12:20
第13期第8回運営委員会
開催日 2017年7月8日
時間 10:00〜12:20
報告
機仝Φ羹衂承腸餔聞澆粒萋案誌
供‖49回研究所評議会まとめ
掘ヾ行物
検,修梁

議題
1 第26回全国教育研究交流集会場所・日程案・構想案
2 顧問会・懇親会
3 民研フォーラム
4 2017年度 教育の状況と民研の課題
5 合宿運営委員会
6 『人間と教育』編集について
7 その他

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第9回子ども研究委員会報告
    掲載日:2017/7/9
サムネイル 第9回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年7月2日10時〜12時
研究テーマ:小学校低学年の学び
第9回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年7月2日
研究テーマ:小学校低学年の学び
埼玉の定時制生徒の状況

次回開催:9月16日10時〜

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第11回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/6/26
サムネイル 第11回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:2017年6月23日18時〜20時30分
研究テーマ;むつ小川原開発で教育を考える
第11回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:2017年6月23日18時〜20時30分
研究テーマ;むつ小川原開発で教育を考える
(1)荒井邦昭「新全総下の教育と地域開発(1);むつ小川原開発で教育を考える」(国民教育研究所環境と教育研究会『地域開発と教育の理論』大明堂、1985年、所収)の検討

(2)国民教育研究所『巨大開発と教師・住民;むつ小川原開発研究(現地教師との集団面接記録)』(1977年)の検討


(3)下北調査の日程と内容について



 次回例会日程;7月18日(火)18:00〜

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【寄贈本の紹介】6月の寄贈本の紹介
    掲載日:2017/6/25
サムネイル 6月の寄贈本の紹介
6月の寄贈本の紹介
6月の寄贈本から4冊紹介
【タイトル】他者ありて私は誰かの他者になる
【著者】折出健二
2016年7月20日発行
ほっとブックス新栄
定価本体1,200円+税
1 自分を信じて生きていく社会にするには
供ー匆饂臆辰離好拭璽斑賄
掘 禺立する>ための足場とは何か
検,い犬疚簑蠅らみえてくる子どもたちの世界
  〜おとなにできることは何か〜
后\験茲罰慳笋侶襪嗅椶肇▲供璽螢鵐
  〜私の大学時代の経験から〜
此‖膤悗郎どう変わろうとしているのか
終章 アザーリングのすすめ

【タイトル】子どものやる気を引き出す7つのしつもん
【著者】藤代圭一
2,017年4月28日発行
旬報社
定価本体1,300円+税
第1章 “しつもん”ですべてが動き出す
第2章 しつもんで変わるこどもたち
第3章 子どもがやる気になるしつもん
第4章 子どもの良いところを引き出すしつもん
第5章 子どもの成長を促すしつもん
第6章 親が変われば子どもは変わる
第7章 なりたい自分になる“みらいしつもん”

【タイトル】現場の視点で新要領・指針を考えあう
【編者】大宮勇夫・川田学・近藤幹生・島田一男
2,017年6月20日発行
ひとなる書房
定価本体1,300円+税
1章 新要領・指針の全体像と改訂の背景をつかむ
2章 新要領・指針をどう読み、どう実践するか
   いま求められる子ども理解と保育づくり
3章 新要領・指針をどう読み、どう実践するか
   保育の質を高める計画・評価と同僚性
4章 新要領・指針をどう読み、どう実践するか
   すべての子どもの幸せをめざす新たなチャレンジ

【タイトル】保育現場に日の丸・君が代は必要か?
【著者】中西新太郎
2017年6月20日発行
日となる書房
定価本体700円+税
1 保育の場で君が代を歌わなければならないの?
2 日の丸・君が代をめぐって学校現場で起きたこと
3 国旗や国歌のはたらきってなんだろう?
4 幼児が育つ場で日の丸を掲げ、君が代」を歌わせるのはどんな教育たろうか?
5 幼児が育つ場としてふさわしい環境とは何かという視点から考えてみる
6 国はなぜいま日の丸・君が代を保育現場に持ちこもうとしているのか

6月の寄贈本から4冊紹介>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【民主教育研究所評議会】第49回民主教育研究所評議会報告
    掲載日:2017/6/12
サムネイル 第49回民主教育研究所評議会報告
開催日時 2017年6月11日10時〜16時
場所 全国教育文化会館
第49回民主教育研究所評議会報告
報告
機‖48回評議会以降の活動報告
供〔閏膓軌藐Φ羹蠡13期体制、研究活動前半総括(2016.4〜2017.3)
掘‖25回全国教育研究交流集会in埼玉(概要)
検.侫ーラム・共催公開合同研究会(2016.4〜2017.3)など
后ゝヾ愡錙糞┫)『人間と教育』(90号〜93号)
此’報2015(16号)戦後70年、今こそ いのちを紡ぎ出す喜びと希望を
察 惴Φ羹蠅世茲蝓戞128号〜131号)・刊行物
次\写
宗ゞ軌蕕里弔匹
勝ヽ惺仕廃合と小中一貫教育を考える全国ネットワーク
将気修梁

議題 第13期体制について
1 地域からの研究者代表の選任について
2 運営委員の選任について
3 第13期会計監査委員の選任について
4 第13期基本方針に基づく第13期後半研究委員会・プロジェクト方針
5 2016年度民研会計決算報告・会計監査報告
6 2017年度予算案

全て承認される

協議
1 第26回全国教育研究交流集会案
2 『民主教育研究所年報2016』第17号
3 『人間と教育』
4 教育のつどい「民研交流会」
5 その他

とりくみ交流
1 各地民研・
2 全教のとりくみ
3 その他(奨学金の会)

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【寄贈本の紹介】5月に寄贈された本から4冊紹介
    掲載日:2017/5/25
サムネイル 5月に寄贈された本から4冊紹介
5月に寄贈された本から4冊紹介
【タイトル】リアル世界をあきらめない
【制作者】時代をつくる文化ラボ
2016年11月5日発行
はるか書房
定価本体1,600円+税
幻想を嗤いとばし、現実世界をあきらめない
第1章 自由のラプソディ
第2章 民主主議のアンチエイジング
第3章 生活世界のアクチュアリティ
第4章 環境へのマニフェスト
ちょっとわき道 ワキペディア 背の中を斜めから読み解く48のキーワード

【タイトル】楽しもう家政学
【編著者】「家政学のじかん」編集委員会
2,017年4月1日発行
開隆堂
定価本体1,500円+税
序章 生活は万物の基礎である
第1章 胎児の命は誰のものか
第2章 大切な人を失う
第3章 互いに納得できる高齢期の生活
第4章 高齢者が地域で暮らすということ
第5章 遊びのスローライフ
第6章 食べるカタチと「Co・食」の場
第7章 人によって変わる衣服のはたらき
第8章 「おふくろの味」と子育て
第9章 住まいの権利を考えよう
第10章 障がい者が地域で暮らすということ
第11章 今こそ家庭科!−「生活」することの意味を問うー

【タイトル】緊急出版 どうなる日本の教員養成
【編集】日本教師教育学会
2,017年4月20日発行
学文社
定価本体1,400円+税
1 企画の趣旨
2 公開シンポジウム
  中教審答申で教師教育はどう変わるか?
3 シンポジウムの総括
4 関連資料 中教審答申第184号
5 関連年譜 教員養成大学・学部の沿革(戦後の主要事項)

【タイトル】希望の教育実践
【著者】岸本清明
2017年5月2日発行
同時代社
定価本体2,000円+税
序章  私の環境学習の舞台
第1章 東条川学習の始まり
第2章 東条川学習の誕生まで
    ―岸本清明・安藤聡彦との対話から
第3章 東条川学習の発展
第4章 小規模へき地域での実践
第5章 環境学習の何が大切なのか
第6章 環境学習をどう作るか


五月寄贈本>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第10回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/5/22
サムネイル 第10回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:2017年5月19日 18時〜
研究テーマ:研究報告の構成について
第10回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:2017年5月19日 18時〜
研究テーマ:
(1)研究報告の構成について
(2)今年度の下北調査の時期と内容について
(3)その


次回日程:6月23日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【ニュース・話題】児美川孝一郎さん文教科学委員会参考人映像
    掲載日:2017/5/19
サムネイル 児美川孝一郎さん文教科学委員会参考人映像
5月18日
文教科学委員会(第九回)5月18日
   学校教育法の一部を改正する法律案(閣法第五六号)(衆議院送
   付)について参考人全国専修学校各種学校総連合会会長小林光俊
   君、日本労働組合総連合会総合政策局長平川則男君及び法政大学
   キャリアデザイン学部教授児美川孝一郎君から意見を聴いた後、
   各参考人に対し質疑を行った。

発言者一覧 児美川孝一郎 をクリックして下さい

児美川孝一郎さん発言映像>>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第8回子ども研究委員会報告
    掲載日:2017/5/16
サムネイル 第8回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年5月13日10時〜12時
研究テーマ:若者の貧困問題(NHK放映番組「目撃にっぽん高校生ワーキングプア」の視聴と検討)
第8回子ども研究委員会報告
開催日時:2017年5月13日10時〜12時
研究テーマ:若者の貧困問題(NHK放映番組「目撃にっぽん高校生ワーキングプア」の視聴と検討)
NHKで放映されたDVDを視聴し、若者の貧困問題について考えた。
同番組は2015年度民研フォーラムの報告者であった県立工業高校生徒のその後の状況を含むものである。
4月の埼高教定通部学習交流会で報告された生徒の状況資料については次回以降に検討する。

次回の日程とテーマ:7月2日(日)10時00分〜
小学校低学年の学び

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第9回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/5/12
サムネイル 第9回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:4月21日18時
研究テーマ:活動の方針
第9回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時:4月21日18時
研究テーマ:活動の方針
(1)第13期(後半)の委員会活動の方針についての検討
(2)サントリー文化財団の研究助成申請についての検討
(3)研究成果の公表についての検討



次回日程:5月19日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第8回教育行財政研究委員会報告
    掲載日:2017/5/3
サムネイル 第8回教育行財政研究委員会報告
開催日時;4月 24日 18:00〜21:00
研究テーマ;住民一人ひとりの力が村の未来を切り拓くー長野県阿智村に学ぶー
第8回教育行財政研究委員会報告
開催日時;4月 24日 18:00〜21:00
研究テーマ;住民一人ひとりの力が村の未来を切り拓くー長野県阿智村に学ぶー

・住民主体の自治体運営
・学びを支える仕組み
・清内路(せいないじ)地区の魅力を探る

次回日程;6月26日18時30分〜

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【寄贈本の紹介】3月・4月に寄贈された本から4冊紹介
    掲載日:2017/4/25
サムネイル 3月・4月に寄贈された本から4冊紹介
3月・4月に寄贈された本から4冊紹介

【タイトル】遠山啓
【編著】友兼清治
2017年3月10日発行
太郎次郎社エディタス
定価本体3,000円+税
プロローグ 水源に向かって歩く
第1章 学問・文学と出会うまで
第2章 先駆的な数学研究への情熱
第3章 数学教育の改革運動へ
第4章 「水道方式」と「量の体系」を創る
第5章 数学教育の現代化をめざして
第6章 人間の文化としての数学
第7章 知の分断を超えて
第8章 原点としての障害児教育
第9章 競争原理・序列主議への挑戦
第10章 “術・学・観”の教育論
第11章 「ひと」運動のしごと
エピローグ 遠山啓という水脈

【タイトル】保護者はなぜ「いじめ」から遠ざけられるのか
【著者】平墳雅弘
2,017年3月30日発行
きょういくネット
定価本体1,400円+税序 
第吃堯/討らは見えない学校の内側
1 学校の「いじめ調査」と「いじめ指導」とは
2 方針を決めているのはだれか
3 子どもは学校でどう過ごしているのか
第局堯 反下に水”から始まる親の苦悩
1 「学校はいいことしか言わない」
2 保護者同席の話し合い
3 何が親子を追いつめたのか
第敬堯 箸やの外”からの脱却
1 これからの「いじめの認識」と「いじめ対応」
2 突破口としての保護者参加
3 学校側がすべきこと
4 子ども自身が解決すること

【タイトル】葛藤を組織する授業
【著者】服部進治
2,017年4月7日発行
同時代社
定価本体1,500円+税
社会科の授業はドラマである―
「正解」を瞬時に得て、「すっきり」する授業ではなく
生徒たちの心の記憶に、このテーマはこれからも考えてみる、
と感じ取ってくれる授業を目指すのだー
得度した社会科教師が生徒に
「問いかける」教育実践
第1章 「デジタルな思考」について
第2章 葛藤を組織する社会科の授業
第3章 福島をフクシマへと普遍化する授業の試み
第4章 「言葉」にこだわり。葛藤をconstitutionする授業
第5章 「A教諭」のライフストーリ――
第6章 得度した社会科教師の宗教断章
終 章 社会科の学習の成立

【タイトル】教育権をめぐる第2次大戦後の国際的合意
【著者】八木英二
2017年3月30日発行
三学出版
定価本体4,000円+税
第1部 教育権の起点と展開
第1章 大戦直後の教育権の成立
第2章 教育における自由と基準性に関する国際的合意の成立
第3章 障害者権利宣言と障害児教育投資論
第4章 教育の内的事項と「子どもの権利条約」
第2部 教育権と公教育制度原理
第5章 年限延長論と条件整備論
第6章 機会均等と論争的な問題
第7章 教育内容はだれがどのように決めるのか
第3部 教師の専門職性の関与について
第8章 「地位勧告」の成立と展開
第9章 教員評価基準をめぐる国際的合意形成にあらわれた二律背反

事務局がおすすめの4冊紹介>>>

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【ニュース・話題】NHK総合 4月23日午前6時15分 目撃!にっぽん
    掲載日:2017/4/20
サムネイル NHK総合 4月23日午前6;15目撃!にっぽん
NHK総合 4月23日午前6;15目撃!にっぽん
民研フォーラム2015年11月14日に報告した高校生の生活が放送されます。

以下NHKホームページより
6人に1人の子どもが相対的貧困とされる日本。今、家計を支えるために働かざるを得ない「高校生ワーキングプア」が増えている。幼い妹や弟のためにアルバイトで働き詰めの日々を送る女子高生は、家族のために大学をあきらめて専門学校へ進学することを決断した。一方、アルバイトをしながら兄弟2人で生きてきた男子高生は、春、そろって就職。助け合って生きてきた日々から卒業する。高校生ワーキングプアの旅立ちの春を描く。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【運営委員会】第13期第7回運営委員会
    掲載日:2017/4/10
サムネイル 第13期第7回運営委員会
開催日 2017年4月8日
時間 10:00〜12:20
第13期第7回運営委員会
開催日 2017年4月8日
時間 10:00〜12:20
報告
機〜芦鶲聞澆粒萋亜〃于疂鷙
供‖6回運営委員会まとめ
掘ヽ惺仕廃合と小中一貫教育を考える全国ネットワーク
検 屬匹Δ覆襦子どもと教育」学習会
検ヾ行物
后,修梁

議題
1 2016年度決算
2 2017年度予算
3 第26回全国教育研究交流集会場所・日程案・構想意見
4 第13期後半各研究委員会(2017)方針と届け出票
5 第17号『年報』発行に向けて
6 『人間と教育』編集について
7 民研ブックレット
8 民研フォーラムの企画案
9 全教との懇談
10研究所評議会
11自治研全国集会実行委員
12声明
13その他

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第8回「環境と地域」教育研究委員会報告
    掲載日:2017/4/2
サムネイル 第8回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時;3月23日(木)18:00から
研究テーマ;今年度の振り返りと来年度の方針検討
第8回「環境と地域」教育研究委員会報告
開催日時;3月23日(木)18:00から
研究テーマ;今年度の振り返りと来年度の方針検討
(1)今年度の委員会の振り返り
(2)来年度の委員会の方針の検討


次回例会の日程:4月21日(金)18:00から

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6
ニュース・話題 【研究委員会】第7回教育行財政研究委員会報告
    掲載日:2017/3/25
サムネイル 第7回教育行財政研究委員会報告
開催日時;3月23日 18:00〜20:30
研究テーマ;次年度の研究計画について
第7回教育行財政研究委員会報告
開催日時;3月23日 18:00〜20:30
研究テーマ;次年度の研究計画について
次年度の研究計画、組織体制について
阿智村の学校教育について(調査報告)


次回日程;4月24日18時

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


ページを移動 》 | 1| 2345
ページトップへ 
Copyright © 2014 民主教育研究所  All Rights Reserved. 個人情報保護方針