民主教育研究所について民主教育研究所について民主教育研究所設立趣意書民主教育研究所設立趣意書賛助会員規定・加入のお願い賛助会員規定・加入のお願い 交通アクセス交通アクセス お問い合わせお問い合わせ サイトマップサイトマップ  
民主教育研究所トップページへ 民主教育研究所
 
民主教育研究所トップページへ
民研の活動
公開研究会・フォーラム
評議会
運営委員会
研究委員会
民研の窓/教育時評
声明 決議
民研の刊行物
『人間と教育』
『研究所年報』
『研究所だより』
民研の出版物
本の紹介
ニュース・話題
民主教育研究所
民主教育研究所について
民主教育研究所設立趣意書
賛助会員規定・加入のお願い
交通アクセス
リンク
サイトマップ
個人情報保護方針
お問い合わせ
賛助会員募集
加入のお願い
賛助会員募集NETお申込み
賛助会員募集FAXお申込み
刊行物・書籍・パンフレットご注文
刊行物購入NETお申込み
刊行物購入FAXお申込み
 
民主教育研究所
民主教育研究所交通アクセス
 
ブックストア個性屋
 
季刊『人間と教育』
 
ホーム>研究委員会活動一覧>研究委員会活動詳細
研究委員会活動詳細
研究委員会活動 【研究委員会】第2回国際教育研究委員会報告
    掲載日:2017/3/17
第2回国際教育研究委員会報告
開催日時;3月13日(月) 18:00〜20:50
研究テーマ;アメリカにおけるスタンダードとアカンタビリティによる教育改革
第2回国際教育研究委員会報告
開催日時;3月13日(月) 18:00〜20:50
研究テーマ;アメリカにおけるスタンダードとアカンタビリティによる教育改革

アメリカにおけるスタンダードとアカウンタビリティーによる教育改革がいかにアメリカの教育の「風景」を変貌させてきたか、その過程を、教育における「数値の浸透と支配」として描いて鋭い批判を展開してきたピーター・タウブマンの著作、Teaching
by Numbers: Deconstructing the Discourse of Standards and Accountability in Education
を読み、タウブマンの著書で注目すべきところを紹介
主な論点は次のとおり。
○タウブマンが批判しているlearning science における学びとはどのようにとらえられているのか
○Performance Standardの問題が指摘される一方で、「到達度」へのアプローチを積極的に評
 価する人もいる。
○learning scienceにおいて「環境」を所与の普遍のものと捉えている点が、日本の勝田等に
 おける学習論とはかなり違うものになっている。
○meta-cognitionの問題
○全国学力調査で成績がよいと、都会に進学する→「村を捨てる学力」になっている
○アメリカの教員養成課程は「教職の専門職化」という「夢」で数値の支配を受け入れてしまっ
 たのではないか。しかし、それはなぜか。
結局、アメリカで進行していることや、タウブマンの提起している問題を、日本の文脈でどう
とらえるのかという問題があり、その文脈の違いを意識しつつ、大きな動きとしては新自由主
義の教育改革の問題に切り込む必要があるということが共有できたのではないかと思う。

写真1 写真2
写真3 写真4
写真5 写真6


ページを移動 》 | 1234| 5| 678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243
ページトップへ 
Copyright © 2014 民主教育研究所  All Rights Reserved. 個人情報保護方針